マンデビラ
「ディアマンテ」
学名
科名
属名
原産地
開花期
流通名



Mandevilla
キョウチクトウ科
チリソケイ(マンデビラ)属
中央アメリカ〜アルゼンチン
5月〜10月
ディアマンテ、ディアマンティーナ


種苗会社が作成したPOPです。
当園のセレクト品種とは異なる場合があります。



4月下旬〜6月中旬まで
花付き苗で出荷しております。
*本内容を引用したり画像を使用する事について。
種苗会社の権利を侵害する事のないよう、ついては、引用・参考するにあたってなんらかの不利益等が発生した場合も当園は一切の責任をお受けいたしませんので全て個人の責任においてご使用ください。又販売目的で写真を使用する場合は、当園の商品を販売する場合に限らせて頂いておりますのでご了承ください。


     マンデビラ・ディアマンテ(ディアマンティーナ)

マンデビラは以前は旧属名のデプラデニアの名で呼ばれていましたが、最近ではマンデビラ「○○」と呼ばれるようになり、品種改良が進んで品種が増えた事により、人気も高まっています。

つる性の品種はトレリスやネットなどに絡ませて楽しんだり、小型の品種は鉢植え、花壇植え、寄せ植え材料としても楽しむことができます。

当園では、5月〜10月までと開花期間の長い、 DHMI社のマンデビラ・ディアマンテシリーズの中から、比較的小型で鉢植え、庭植え、寄せ植えに適した品種をチョイスして栽培、出荷しています。
品種
ジェードシリーズ(コンパクトで小立性・分枝性・多花性が強い)
ジェードレッド ジェードピンク ジェードローズ
咲き始め
ジェードローズ
咲き進んだ状態
   
ジェードレッド ジェード
オレンジコーラル
2021出荷予定
   
オパールシリーズ(早咲き性・つる性・這い性・多花性が強い)
オパールレッド オパール
フクシアフレーム
咲き始め
オパール
フクシアフレーム
咲き進んだ状態
コーラル
オレンジサンライズ
2021出荷予定
     
オパールシトリーン2.0
2021出荷予定
     

楽しみ方
マンデビラには、つるが上に伸びて大きくなる品種もたくさんありますが、当園ではあえて小型種をセレクトしています。トレリスやフェンス支柱はせず、鉢植え、寄せ植え、花壇植えにそのまま植えて楽しんでください。

手入れは、水やり、花がら摘み(枯れた花がらは、自然に落ちますので拾うだけ)、必要に応じて防虫殺虫、花後の肥料、せん定。
   

置き場所
日差しには強く夏でも一日中日の当たる場所で栽培できますが、小さい鉢植えの場合は、鉢に直接日差しが一日中あたると高温になりすぎて株が弱ります。二回りくらい大きい鉢の中に鉢植えをすっぽりと入れ、鉢に長時間日差しが当たるのを防ぎましょう。

比較的寒さは苦手な植物です。冬〜春先は、昼間日当たりの良い窓辺で、夜間は窓辺は冷え込むので部屋の中ほどの、暖房の直接当たらない所に置いて下さい。 12〜13℃くらい
保てれば余裕で越冬できます。
それ以下だと徐々に枯れ込む枝も出てくるかもしれませんが、春まで株が残れば復活し花を咲かせることが十分可能な植物です。
肥料
当園から出荷したものについては、開花期間中に肥料切れを起こさないように、長期間持続的に効き続ける緩効性化成肥料が置いてあります。

ひととおり花が終わった頃、伸び放題の枝を切り戻し剪定をしてから緩効性化成肥料を与えると良いでしょう。春〜夏の植物で種粕などの有機質肥料は虫が寄りやすくなるので、粒状の化成肥料タイプの物を適量使うようお勧めします。

秋〜冬に生育を完全に止めているとみられる株は肥料を与えるのをやめましょう。
水やり
極端に鉢土を乾燥させた場合は株を傷める事もありますが、基本きちんと土の表面が乾いた状態まで乾燥させてから、鉢底から水がしみだす位たっぷりと与えてください。

冬は水やりの間隔をあけて、十分に鉢土が乾いた状態でたっぷりと与えて下さい。
植え替え・せん定
<植え替え時期>
20℃以上の温度が最低1ヶ月保てる頃が適当なので、地域差はありますが4月〜
9月が最適です。 根鉢はあまり崩さず、一回り大きい鉢に植え替えましょう。


<せん定>
注)せん定すると粘着性の白い樹液がでます。ベタベタしますので、手袋着用とせん定後のハサミを洗い流す事をおすすめします。また毒性(効能)は不明ですが、キョウチクトウ科は経口性の毒があるものもありますので、一応口にすることのないよう注意してください。

【春と秋】
咲き終わった花を掃除するように、残った花茎をせん定します。

【夏】
ひと通り咲き終わって、気温が上がってくると、それまでコンパクトだった品種にもツルが伸びて、ツル性に変わってきます。このツルの脇芽にも花が咲いてきますので、フェンスにからませて咲かせることも可能です。
つるを伸ばしたくない場合は、1節〜2節残してせん定(切り戻し)をすると新しい枝が伸びてまた咲きます、何度切り直しても大丈夫です。

【晩秋〜冬】
置き場所の温度が低いと、遅くに伸びてきた新芽が寒さに耐え切れず枯れ込む事が起きやすいので、暖かくなってからにしましょう。


せん定する場合、左の枝のように矢印あたりでせん定して下さい。

右の枝には花芽が付いてきています。
伸ばせば時折こうして花が楽しめます。
病害虫
害虫
<アブラムシ>
暖かくなる時期に多く発生しますので、注意して早めに手で取り除くか、市販の殺虫剤が効果があります。

<ハダニ>
葉の新芽がしわ状になり、通常の葉の形と違う・色が悪くなった・花が萎縮して小さくなったり帯状の模様が入る、このような症状はハダニの可能性が考えられます。肉眼で確認できない小さいダニもいますので、園芸店などで売っている植物用ののダニ剤を使用して駆除します。ダニは水に弱いので、定期的に葉にじょうろか霧吹きなどで葉水をかけてやると、大量に発生するのを予防する効果があります。

<アザミウマ(スリップス)>
ダニの症状に似ていますが、主に花の中を覗き込むと1〜2mmの細い成虫、幼虫を発見します。群れを作ることはありませんが、養分を吸いながら病気を媒介する事があるため、
アザミウマの記載のある市販の殺虫剤を使って駆除します。
 
 直接このページに入った方は、こちらからホームへお戻りください